--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンピュトレーナーでペダリング解析してきたよん♫ 47.63km

2011年01月17日 00:03

今日はコンピュトレーナーでペダリングの解析をしてもらってきました。
コンピュトレーナー?? と思った方はコチラをどうぞ。
今回コーチをして下さった、彦井さんが執筆しています。
縁があって。Hirako modeのメンバーのペダリング解析をお願いする事ができました。
1/30に鎌倉で講座があるみたいなので、興味のある方は申し込まれては?
定員6名ですが。。

コンピュトレーナーは、簡単にいうとローラー台の負荷装置の所にトルクセンサーが付いていて、ペダリング時のトルク分布を視覚化してくれる装置です。見た目は普通のローラー。

コンピュトレーナー
[ちょっと大きいくらいかな]

負荷装置に電源が付いていて、設定した勾配や目標出力の合わせて負荷が自動で変わります!!
負荷装置
[問答無用で変わるんだw]

で、モニターには平均出力、出力、速度、ケイデンスetc..のデータと、コースプロフィール。
仮想的な対戦相手?も設定できて、前にやったチームメイトを設定すると盛り上がりますw
モニター
[こんなんでます]

右上のカラフルな立て棒グラフがクランクに掛かっているトルクを15度刻みに分けたものです。
左端が上死点で、大体左の山が左足の踏み足のピーク。右の山が右足の踏み足ピークにあたります。
このグラフだと、135度位で最大トルクが出てますね。
紫色の真ん中の数字が高いほどムラのないペダリングになっているとか。
%が付いているのは左右のトルクバランスです。

コーチ曰く、トッププロの解析結果だと、このピーク位置が90度くらいに来るらしいです。
つまり、かなり早いタイミングで踏み始めてるということ。
ところがコレが難しい。自分も含めてほとんど全員が120度前後にトルクのピークがきてしまい、
意識的に踏み込んでも傾向を変えられないのです。かなり乗り込んでるメンバーでもです。
うーむ。これはなかなか衝撃的!

色々とコーチして頂きましたが、それはまぁ受けてみてのお楽しみという事で。

以下に自分用メモを。。。
今まで、大腿四頭筋は”疲れやすいけど瞬間的に大出力が出せる” だからなるべく使わずに
ダッシュする時などの為にタメておく。と思ってたが、どうもそうではないようだ。
大出力はお尻の筋肉を使う。その為にスプリントでは腰を入れる、つまり骨盤を前傾させる。
大腿四頭筋が疲れやすいのは、普段の生活で使えてなく鍛えられてないから。
むしろ普段の巡航などでは大腿四頭筋を積極的に使っていくべき。 ふーむ。
骨盤の前傾はお尻筋の発動スイッチ。大腿四頭筋は骨盤立てた方がいい。

実際に帰宅時に走ってみると、いままで意識してなかったですが、普段のダンシングでも腰を入れると
パワーが出ますね。あと、自分は基本的にずっとお尻の筋肉で走り続けてましたが、意識して大腿四頭筋も
使っていった方が良さそうですな。自分で今は何のペダリングをしているのか、状況に合わせて色々試して、有効なケースを見つけるのが大事なのかな~。

あと、ペダリングのトルクピークは確かに実走してみると120度くらいで一番力が掛かってました。
90度だとまだ脚が縮みすぎててパワーが出ない感じなんですよね~。サドル高が低いのかしら??
でも、モードのメンバーみんながそうだったという事は、一概にサドル高の問題じゃないのか??
コレも意識しながら試していくしかないですね~。

で、自分的にヤバいと思ったのがアンクリング。
してるっぽいな~とは自分でも思ってましたが、周りで見てたメンバーから指摘されて、
撮影した動画を見てみるとやっぱりしてるorz...
しかも、良くない事に90度になったところで踵が下がって力が逃げてる(>_<)
これは一番良くないアンクリングですな~。。

早急に矯正したいですが、なにから始めようか。
意識して踵を上げるのもあるし、最近、膝痛対策でサドルを下げてたのを上げてみるか。
明らかに力が逃げてるっぽいしなぁ。。。膝痛めたのもこのせいだろ。
むむ~。

まぁまぁ、難しいこと書きましたが、皆にペダリング見てもらうことなんて中々ないですし、
かなり勉強になりました。彦井さんは、ご自身もアイアンマンなナイスガイですよ!
雰囲気も和気あいあいとして、楽しかったです。
「ワット数おちてるよ~~!!」とか、みんな鬼かww
計測時は今までの自転車人生で一番追い込んだかもしれません。酸欠で頭クラクラしたもんw

自分のフォームをムービーで撮って貰えたのも良かったですね(カメラは自前)。
いかに体幹が弱くてブレてるか良くわかりました。・゜・(ノД`)・゜・。
出力も初めて測ったので興味深かったです。300W維持するのは大変だという事がよくわかりましたww


Distance 47.63km


コメント

  1. kenta999 | URL | 9L.cY0cg

    行ってきました。

    とりあえず、結果は・・・

    ・ピークの位置は90度
    ・出力のトップとボトム比率は72~75%
    ・左右の出力差は55:45

    くらいという感じでした。意外に良かったw 恐らく出力のピークの位置はサドルの乗る位置にも関係してると思います。自分は後ろ乗りなんで、90度位に出てるんじゃないかなぁと。


    あと、ヒラコの名前を出した所、最後の2kmTT開始の直前に、

    「ペダリングを見るので全力で頑張る必要はないですよ!・・・ヒラコさんはTT大会になってましたけどw」

    そりゃ複数人いれば対抗しますわなw 自分は平均出力250Wくらいでやりました。


    そういえば解析結果は来たんですか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wheelogy0310.blog33.fc2.com/tb.php/207-74ee190b
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。