--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペダリングについて思う事 体幹ってなんじゃーーー!?

2010年12月19日 18:34

自転車のライディングスキルについて、学んだ、思う事をまとめとこうと思ってカテゴリを作ってみました。
自分用メモなので、話半分。まとまってなくても勘弁願います。

今日の房総練で思った事。

体幹を使ったペダリングってなんだろう?
色々と見聞きしたのをまとめると、結局は「体重をペダリングに利用する」に集約されると思う。
体重の乗せ方は、
・胴体部分を左右半分に割って、その左右ををつかって踏み込むイメージ
とか
・胸の辺りまで足だと思って(裏は肩甲骨のあたり)、肩甲骨を意識して踏み込む
などと言われていて、自分もまだどういう風に体を使うのが効率がいいのかは探っている所です。

でもまぁ、結果として表に現れてくる現象としては
・体がペダリングに合わせて左右に揺れる(自分のような初級者は特に)。
・体の揺れに対応して自転車も少し左右に揺れる。
といったところだと思います。

今日のライドで初めてこの感覚の端っこをつかんだ感じですが、坂などでトルクがいる時などは
特に違いをハッキリ感じます。明らかに足の疲れが少ないです。

じゃあ、体幹が足りないってどういうこと?
理屈で考えると多分以下の二点だと思ってます。

・腹回りの筋力が弱い
→左右にかけた体重がペダルにちゃんと伝わらない。

・高ケイデンスに合わせて体重を左右に動かす神経&インナーマッスルがない
→高ケイデンス時に対応できない。

要するに、体幹を使ってかけられる力の上限は上体の体重なわけです。
体の胴体部分の筋肉では、ベクトル的にこの方向の力は生み出せませんし。

具体的には、こんなことをやってみればわかる。
足を肩幅に開いて、膝を軽く曲げ、自転車に乗っている時のように上体を倒す。
この状態で、左右の足に体重をかけてみる。

このとき腹回りに力が入ってないと、上体が動いた重さが足に伝わる前にお腹の所でフニャっと吸収
されちゃいますよねw 肋骨から下は左右方向にも可動性があるからです。
一方で、腰が入って腹筋にテンションがかかった状態だと、力がスムーズに伝わると思います。

腹回りの筋肉が弱いと、自分の体重+ペダリングによる反力に負けてフニャっとなっちゃうわけです。
これではせっかくの体重が活かせません。これが体幹が弱いの意味する基本事項だと妄想しています。

で、高ケイデンスの方は自分はまだよくわかりません。
ケイデンス120とかになると、0.25秒で左右を入れ替えないといけません。
これは多分どこかのインナーマッスル達の神経を発達させるしかない! いや、適当ですが(^_^ ;)

話が戻ってあれですが、走りながら腹筋にテンションをかけるには、
腹筋がある程度伸びていないといけません。やってみれば分かります。
アーチが大事。骨盤を立てる!というのは実はあんまり正しくないんじゃないかと最近思います。

自分も単独で走っていたときはその言葉に縛られていましたが、実際には骨盤は少し寝かして
腰が入った状態の方がいいと思います。こうなると自然と腹筋は伸びます。
座骨を始点に、言葉では表現しちゃいけない感じの所をサドルにつける感じw
普通に立った状態でも、骨盤の左右に生えている大きなボルトを締めるイメージで骨盤をクッと動かせば入ります。 左手側は逆ねじなので気をつけてw

あと、付け足し。ペダリングでジワーッとトルクをかけるという表現をつかいますが。
薄くトルクのせる感じでクルクル回す。というイメージが自分にはしっくり来た。
前に追いつこうと思って、矩形にトルクを上昇されると推進力にならない無駄な(クランクひずませたり)
エネルギーが消費されるので、薄いトルクの層を足に感じつつ、滑らかにトルクを上昇させる感じ。
え、これじゃ意味分かんないって? でも、今の自分には上手く言葉にできないんだよね~、あっはは。

房総を走っている最期の方に腹筋の事に思い至ったので、房総の岡々達で試せなかったのが残念。
でも帰りの134号では、かなり足は疲れてましたが上述した事を意識するとクルクルクル~っと
足が回って足には何も感じずに35km/h前後で流して帰ってこれました。
追い風ではありましたが、そこら中筋肉痛で刺激に対して敏感になっている両足が何も感じずにスーッと
走れた感覚は新鮮でした。

完全に蛇足ですが、アウタートップに入れて停止した状態からシッティングで漕ぎだす時に
体重をグワーッと乗せると腿になんの負担もなく走り出せます。感覚を思い出すときなどに。

以上!! なんて適当な文章だ! こわいから読み返さないぞw
間違ってる可能性もかな~りあるから、そこんとこよろしく!





コメント

  1. yu-jin | URL | -

    いや、分かりやすい。
    ありがとう。

    >>骨盤を立てる!というのは実はあんまり正しくないんじゃないかと

    僕も最近そう思います。
    【らくだのこぶ】ってのは都市伝説なんじゃないかと。。。。w

  2. toyheart | URL | ob.XdpKk

    ラクダのこぶ

    >yu-jinさん
    背中が板のようになってしまっているのは問題があるかもしれませんが、
    骨盤が少し倒れていても、肩甲骨が開いてれば見た目にはゆるいアーチを描いているように見えますしねぇ。うーん。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://wheelogy0310.blog33.fc2.com/tb.php/195-c37c3931
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。