--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラー+松輪周回 33.84+140.22km 尻筋どうやって使うんじゃろか?

2011年01月25日 00:48

週末のことおば。先週の始めから咳がでていて、別に苦しくもないのですが長引きそうな感じ。
自分は一年に2回くらい咳が続く事がありますね。
あ、修論はメインパートを先生に提出して今日明日で修正をしていく感じです。

土曜日はロングLSDの予定でしたが、起きた段階でのどが痛かったので自粛。
ポチポチ作業しながら、ローラーには乗っておきました。
心肺機能に問題ないか確認しようと思って乗りましたが、ソリア域まで上げても大丈夫だったので
ホッとしました。

で、メディオ20min×3とシッティング最大負荷全力もがき15s×3をやっておわり。
メディオ域の負荷にだいぶ体が順応してきた気がする。
Training effect 4.2
AveHR 77%
MAXHR 93%
Energy 1010kcal
Below 14min
Zone1 10min
Zone2 18min
Zone3 53min ここメディオ
Above 5min この辺ソリア

日曜日は松輪の周回練に参加。走ってる時は咳はでないんだよな~。
今日はAチームとBチームに分かれて、Aチームは来週の都ロードに参加する人向けに高強度目の練習。
松輪周回5周で約50km。 アップダウン有り向かい風区間有りとハードなコースです。

Aチームに放り込まれて、どこまで付いていけるやらという感じでしたが
わんchanさん, gonさん, Bさんは昨日の伊東往復の疲れがかなり残っている様子( ̄▽ ̄) 行けるか?

1周目の途中でF君も合流して5人で走る。
平坦はそれほど速度を上げませんが、登りになると速いw ダンシングで食らいつく。
一番キツい坂でも20km/hくらいで駆け上る。 

特にF君が坂で前を引くとスゲーキツいww
ダンシングのフォーム、シッティングのフォーム共に凄く綺麗で、同じ軽量級として凄く憧れる!
走りも落ち着いていて、あたふたしてる自分に気づかされました(–_– ; )

2周目も速い。でも、登りの一番キツい所でもダンシングを混ぜればついていける。
むしろ、平坦の向かい風がキツい。

3周目、トンネルへの緩い登りアプローチでF君が先頭で軽やかなダンシング。
向かい風でキツい。ここでわんchanさんが千切れる。
キツい登りで、またまたF君引く。ギリギリ踏ん張る。ここでGonさんちょっと遅れる。
やはり、昨日の伊東練がかなり尾を引いているようだ... Bさんタフ過ぎるぜ。。

Gonさんが合流して4周目をこなし、そしてラストラップ。
風車公園の前の向かい風区間で、気が抜けたのかフッと前と差が開いた。
BさんとFくんが先行して、F君が戻ってきた。Bさんの独走状態。

まだ足のあるF君をエースに設定して、VS Bさんの構図ww
キツい坂の前まで、残る足を使って差を少しつめる。
坂の入り口で「アタックします」と後ろを振り返って、下ハンダンシングで飛んでいくエース!
スゲー綺麗なフォームだ。なんか、気持ち良いぞw 
と、ここで集中力が途切れ、アウターのまま登りに入ってしまい16km/hくらいにブレーキ。
F君がBさんに追いついたのを眺めつつ、坂をクリア。

その後は単独で15sくらい前にいる2人を追っかける。
ダンシングでお尻が攣りそうになりつつ、色々な筋肉を動員してぐりぐり漕いでゴール。
結局、BさんがF君を突き放してゴールしたようです。

初めてのプチレース形式で、思っていたより付いていけましたが、課題も多かったです。

・坂でのダンシング練では一定ペースで登ってばかりだったので、今回のように自分が楽な出力レンジを超えた
 場合にフォームが乱れてしまった。フォームが乱れるとすぐに前太ももとか変な所が疲れてくる。
 坂の途中でダッシュする練習もやらないとだめだ。フォームも無駄が多い。

・疲れてきた時こそ回転ペダリングなのに、逆に踏むようになってしまっていた。意識しないと。
・不用意に車間を空けない。

良かったのは、お尻の筋肉でペダリングする事がだいぶ身に付いてきたこと。
5周走っている間も、以前のように脚がパンパンになって付いていけないということは無かった。
お尻が痙攣しそうにはなりましたが(^_^ ;) 

あとは、良いのか悪いのか判りませんが、骨盤の角度を変えて筋肉の疲労を分散
させることが少しできたような。尻筋で坂を駆け上がったあとは骨盤を立てて踏み出しを意識するなど。

暫くは尻筋を鍛え上げて、ベースを高くすることと、ダンシングテクニックの向上を主眼に
頑張っていきます。

あと、尻筋を使うこと自体が合ってるのか判りませんが、自分の感覚を書くと。。。

 尻筋は骨盤を寝かせ気味(腰を入れる)にして、お尻の筋肉にテンションが掛かってる状態にする。
 (腰を入れるという一般的な動作があるかは知りません。ここでいうのは骨盤の横に付いている大きな
  ダイヤルを前方に回すイメージで腰を動かす感じ)
 座骨の二点とその間(座骨を結んだ線の中点より前)をサドルに付けて座る感じ。 
 背骨は骨盤から自然に伸びる。曲げようとか思わない。
 巡航時は足の付け根から先の筋肉は脱力して走る。
 坂など、負荷が高めのところで練習すると判りやすいかも。
 お尻の横から裏側にかけて疲労感を感じるはず。
 ダンシングでも尻で踏む感じ。坂ダッシュするとかなり負荷がくる。尻に中空でも腰を入れる。

。。感覚的過ぎて判りにくいすね(^_^ ;)。。 
間違ってる可能性も高いですし、フーン( ̄▽ ̄) くらいにしといて下さい。

Training effect 4.2
AveHR 69%
MAXHR 96%
Energy 3367kcal
 Below 3:15
 Zone1 30min
 Zone2 1:22
 Zone3 29min
 Above 40min←こりゃキツいで~w
AveCad 80rpm
MAxCad 173rpm
Ave 26.8km/h
Time 5:14'05
Dist 140.22km
Odd 9663.2km 今月 942.19km

スポンサーサイト

久しぶりのローラー ケイデンスコントロール+骨盤の角度

2011年01月21日 22:51

今週はちょっと風邪気味だったので、今日は久しぶりのローラー。
かなり久しぶりにメディオをやった。

心拍が80%を超えてから、段々と負荷を上げてメディオを維持してみる。
当然ケイデンスは下がり、60rpmくらいまでいく。

クルクル回してメディオをするだけでは能がない。自分の得意な所だけ使ってるからだ。
あとは、骨盤の角度によって使う筋肉を意識してみた。
確かに、骨盤が寝ている時はお尻、立てている時は前腿での蹴りだしが使いやすい。
でも、立ててる時の走り方はペースが上がったらキツそうな印象だった。

アンクリングに関しては、この間試行錯誤してみましたが、
意識だけでは直りそうもない+別にいいんじゃね との意見もあったのでペンディングにします。
個人的にはむしろ上死点付近ではちょっと踵が下がった方が滑らかに連携できるような気もしています。

漕いだ感じ、持久力・筋力共に向上している気がした(^-^)/

58min
18.24km
542kcal
AveHR 72%
MAxHR 89%
Below 18min
Zone1 7min
Zone2 8min
Zone3 23min
Above 3min

コンピュトレーナーでペダリング解析してきたよん♫ 47.63km

2011年01月17日 00:03

今日はコンピュトレーナーでペダリングの解析をしてもらってきました。
コンピュトレーナー?? と思った方はコチラをどうぞ。
今回コーチをして下さった、彦井さんが執筆しています。
縁があって。Hirako modeのメンバーのペダリング解析をお願いする事ができました。
1/30に鎌倉で講座があるみたいなので、興味のある方は申し込まれては?
定員6名ですが。。

コンピュトレーナーは、簡単にいうとローラー台の負荷装置の所にトルクセンサーが付いていて、ペダリング時のトルク分布を視覚化してくれる装置です。見た目は普通のローラー。

コンピュトレーナー
[ちょっと大きいくらいかな]

負荷装置に電源が付いていて、設定した勾配や目標出力の合わせて負荷が自動で変わります!!
負荷装置
[問答無用で変わるんだw]

で、モニターには平均出力、出力、速度、ケイデンスetc..のデータと、コースプロフィール。
仮想的な対戦相手?も設定できて、前にやったチームメイトを設定すると盛り上がりますw
モニター
[こんなんでます]

右上のカラフルな立て棒グラフがクランクに掛かっているトルクを15度刻みに分けたものです。
左端が上死点で、大体左の山が左足の踏み足のピーク。右の山が右足の踏み足ピークにあたります。
このグラフだと、135度位で最大トルクが出てますね。
紫色の真ん中の数字が高いほどムラのないペダリングになっているとか。
%が付いているのは左右のトルクバランスです。

コーチ曰く、トッププロの解析結果だと、このピーク位置が90度くらいに来るらしいです。
つまり、かなり早いタイミングで踏み始めてるということ。
ところがコレが難しい。自分も含めてほとんど全員が120度前後にトルクのピークがきてしまい、
意識的に踏み込んでも傾向を変えられないのです。かなり乗り込んでるメンバーでもです。
うーむ。これはなかなか衝撃的!

色々とコーチして頂きましたが、それはまぁ受けてみてのお楽しみという事で。

以下に自分用メモを。。。
今まで、大腿四頭筋は”疲れやすいけど瞬間的に大出力が出せる” だからなるべく使わずに
ダッシュする時などの為にタメておく。と思ってたが、どうもそうではないようだ。
大出力はお尻の筋肉を使う。その為にスプリントでは腰を入れる、つまり骨盤を前傾させる。
大腿四頭筋が疲れやすいのは、普段の生活で使えてなく鍛えられてないから。
むしろ普段の巡航などでは大腿四頭筋を積極的に使っていくべき。 ふーむ。
骨盤の前傾はお尻筋の発動スイッチ。大腿四頭筋は骨盤立てた方がいい。

実際に帰宅時に走ってみると、いままで意識してなかったですが、普段のダンシングでも腰を入れると
パワーが出ますね。あと、自分は基本的にずっとお尻の筋肉で走り続けてましたが、意識して大腿四頭筋も
使っていった方が良さそうですな。自分で今は何のペダリングをしているのか、状況に合わせて色々試して、有効なケースを見つけるのが大事なのかな~。

あと、ペダリングのトルクピークは確かに実走してみると120度くらいで一番力が掛かってました。
90度だとまだ脚が縮みすぎててパワーが出ない感じなんですよね~。サドル高が低いのかしら??
でも、モードのメンバーみんながそうだったという事は、一概にサドル高の問題じゃないのか??
コレも意識しながら試していくしかないですね~。

で、自分的にヤバいと思ったのがアンクリング。
してるっぽいな~とは自分でも思ってましたが、周りで見てたメンバーから指摘されて、
撮影した動画を見てみるとやっぱりしてるorz...
しかも、良くない事に90度になったところで踵が下がって力が逃げてる(>_<)
これは一番良くないアンクリングですな~。。

早急に矯正したいですが、なにから始めようか。
意識して踵を上げるのもあるし、最近、膝痛対策でサドルを下げてたのを上げてみるか。
明らかに力が逃げてるっぽいしなぁ。。。膝痛めたのもこのせいだろ。
むむ~。

まぁまぁ、難しいこと書きましたが、皆にペダリング見てもらうことなんて中々ないですし、
かなり勉強になりました。彦井さんは、ご自身もアイアンマンなナイスガイですよ!
雰囲気も和気あいあいとして、楽しかったです。
「ワット数おちてるよ~~!!」とか、みんな鬼かww
計測時は今までの自転車人生で一番追い込んだかもしれません。酸欠で頭クラクラしたもんw

自分のフォームをムービーで撮って貰えたのも良かったですね(カメラは自前)。
いかに体幹が弱くてブレてるか良くわかりました。・゜・(ノД`)・゜・。
出力も初めて測ったので興味深かったです。300W維持するのは大変だという事がよくわかりましたww


Distance 47.63km

勝手にブルベ BRM115ヒラコ200km伊東 196.98km 

2011年01月15日 22:27

今日はBRM115青葉200km等々力の開催日でした。
ブルベの中ではお手軽な距離ということもあってか、Twitter上の自転車乗りも続々Entryを表明していました。

で、今日のHirako mode練はロングの予定。ふむ。

朝ぼらけのさぶい中、逗子へと向かうとokanyaさん、わんchanさん、husserlさん、BBさん、Y根さん、Seedさんがが集結。okanyaさんの提案で、今日は伊東まで! 自分はモードの練習では初めてだ。
しかも、これは200kmコース、何かの縁ですな。

そして、BRM115ヒラコ200km伊東 が急遽開催されたのだった。。 

 さてさて、今日の課題は次の通り。
 ・走るときの意識は、足の付け根より下を脱力してペダリング。脚で踏まない。
 ・骨盤は前傾気味で、大臀筋が伸びた状態に。
 ・背骨は自然に伸びた感じで。
 ・ダンシングの練習。

‥.しかし、まぁ今日も寒かった。
そのせいか、逗子までの道のりはイマイチ調子出なかったですが、皆と走り始めると段々いい感じに。
スピードが出ても足の筋肉にほとんど負荷がかからず、お尻全体に心地よい疲労感を感じる。
引き足、踏み足というか、、なんか勝手に足が回ってる感じ。なんで回ってるのか自分でも判らん。
大臀筋にテンションが掛かってるせいか、いつもよりお尻が使えてる。
持ち上がった足の太ももは腹筋に軽く触れそうになるくらい高い位置に。

R134は35km/h~くらいでローテ。なかなか気温が上がらなくて指先が痛い(>_<)
小田原過ぎたとこからオレンジロード?へ。 
いつもは分かれ道を下に下ってたんですが、こっちの方が全然良い道! 信号ないし、車も少ない。

登りではダンシングを練習。毎回、ちょっと長めの坂を上らないとダンシングの調子が掴めないんだよな~。
どうもコンタダンシングは平地では練習にならないような。。
でもまぁ、やはりダンシングは有効です。
脚の筋肉で踏まないと付いて行けない時にダンシングに切り替えると、脚を使わずに済む。凄く楽。
今鍛えたいのは重心回りの筋肉とダンシングテクニックなので、脚で踏んだら負けなんですw

伊東まで走ったのは自分とBBさんだけでしたが、伊東に着いた時点でも脚の筋肉のダメージはそれほどでない。
ただ、お尻が疲労しているw コンビニ休憩して折り返しへ。

休憩
[ここまで、105km ave29.5km/h]

BBさんとは実力差がありすぎるので、控えめなペースでズーーーット引いてもらいましたw
ええ、伊東からー江の島までw 今の僕には付いて行くだけで良い練習です。
特に向かい風の登りがキツかった。
登りはダンシング多用で登ってましたが、向かい風だとダンシングは空気抵抗が大きくて(^_^ ;)
エアロなダンシングフォームでもちゃんと出来るようにならんとね。

結局、行きよりも速いペースでオレンジロードをクリア、小田原からは35km/h~で巡航。
この頃にはお尻がかなり疲れていた。でも、このお尻周りの筋肉は本質的に持久力あるね。

途中、ハンガーノックの危機に見舞われるもBBさんからどら焼きを頂いて復活!感謝!(^-^)/
後ろ付き位置なのに、バテて付き切れという最悪の事態は回避されたのであった。
ブルベな人たちを右手に見つつ江の島にゴール。ここでBBさんとお別れ。

で、自分はなんとなく稲村ケ崎へ。
ゴール
[ここまで、185km Ave29.9km/h]

自分的にはかつてないハイペースでこの距離を走りました。これは、まぁBBさんの出した数字ですがねw
でも、1ヶ月前の自分だったら確実に千切れていたと思われるので、
この距離をこのペースで行けたことは嬉しかった。

らくだのこぶのある自転車乗り は別にいいけど お尻のでかい自転車乗り にはなりたいですねw

家までリカバリーで走ってきたくりこ。

Dist 196.98km
Ave 29.4km/h
AveCad 89rpm
Time 6:42'"6
Training effect 2.9
AveHR 71%
MaxHR 96%
Below 1:27
Zone1 1:10
Zone2 3:39
Zone3 40min
Above 18min
Energy 4458kcal

竹馬に乗りながらシッティング?

2011年01月12日 00:01

ローラー日誌を最近書いてませんでしたが、一月は1, 3, 4, 6とちゃんとローラーに乗ってたのですょ!
今日は三連続ライドの後だったので有酸素域に抑えてのローラー。
フォームとペダリングに意識を集中。

最初、軽いギアでクルクル回してるとハムストリングスが痛くなってくる。
いつもそのうち収まるので気にしてなかったですが、どうやらこれは負荷が軽い分ペダリングが
適当になってるせいみたい(–_– ; )

足はただの棒として使い、ただ体重を乗せるイメージ。ただしお尻の横後ろの筋肉に軽い負荷を感じる。

↑この意識をしっかり持てば結構重めのギア(当社比)もグルグル回せる。

グルグルと回していて思ったのが、この間書いた竹馬ダンシングのイメージをシッティングにも
活かせないかってこと。

シッティングでも体重を上手く乗せるのは重要なので、やれるかな~と思ってやってみたら。。。
イケル((((;゚Д゚)))))))
ダンシング時の、リズミカルに竹馬をペダリングのSweet spotに落としていく感じがそのまま使えます。
もちろんSweet spotでいきなりトルクを上げるってわけじゃないです。
一連のペダリング動作の中の味付けでトン トンと体重を乗せていく感じ。
(背筋はクロールの感じ?)
って、実走してみないと何ともいえないですけどね~w

あ、ブログを更新すると40人/dayくらい見てくれるようなので、なにか自転車関係のtipsがあったら
コメントをいただけると嬉しいです。もちろん、面識無い方歓迎ですw

Dist 11.93km
AveCad 79rpm
AveVelo 22.1km/h
Training effect 2.5
AveHR 67%
MaxHR 78%
Energy 250%
Below 9min
Zone1 8min
Zone2 13min
Zone3 0min ←
Above 0min ← なんという楽さw


院生の休日 ダンシング篇

2011年01月10日 19:26

この三連休は、家で修論の手直しや英語の課題をちまちまとやりつつ、毎日自転車に乗っていた。
修論提出前の院生がこれで良いのか。。w? 

このブログを読んでる人の中に、私の修論の状況を心配している層があるみたいなので、
一応言っておくと、序論 理論 実験 の項は書き終わって、61ページまでいってます。
あとは 結果と考察 だけなので、まぁ大丈夫だと思います。
流石に来週、再来週の土日はガリガリ書いてると思いますが(–_– ; )

土曜 モード朝練で松輪を5周 137.3km
楽すぎず、キツすぎずの丁度いいペースでノンストップ50km走れたので良い練習になった。
周回後
[ステム交換前]

この夜。芯ー芯420mmのハンドルと130mmのステムが届き、装着が夜中までかかった。
オマケに、後輪がサイドカットしていたようで、ハンドル替えてたらいきなりバースト(oдo)
夜中の2時にバースト音。。。

日曜 予想道理起きられず、諸々作業を終えてから湘南平に出発。5本登った。52.44km
新しいハンドル幅は、まるで最初からそうであったかのようにバッチリ。スっとなじみました。
ステムも10mm伸ばして、ついに自然なポジションになりました。

結局。骨盤は立ってる状態と寝てる状態を状況に合わせて使い分けるて、
それぞれの状態で背骨が自然にスッと伸びてる状態が良いんじゃないかと思ってます。
変に背骨を丸めようとか思わない方がいい。

なんとなくパチリ
[ステム交換後

月曜 昼過ぎから時間ができたので210minほど走った。 湘南国際を5本 71.44km
いつまでも登っていたいくらいだったが、暗くなってきたので5本で帰宅。
後半3本は全てダンシングで登った。

夕日に染まる海岸線を駆け抜けて帰宅。
サンセット
[良いとこに住んでるなぁと実感]

さて、話は変わってダンシングのお話し。
松輪の周回でも、湘南平でも湘南国際でもダンシングを意識して走ってました。
基本的にシッティングで走り続けていた私。
坂でダンシングすると直ぐに太ももの前が張っちゃって、シッティングのままの方がマシという状態でした。
こういう人。多いんじゃないかな?
でも、モードのokanya師匠などは延々とダンシングを続けて走ってたりします。うーん。

twitterでダンシングできないんだよね~。という事を呟いてたら。
このブログを紹介してくれた人がいました
コンタドールのダンシングは自分も変わってるな~と思っていました。
スコスコダンシングとか呼んでる人もいるみたいですねw 
確かにスコスコと楽々な感じが見てるだけで伝わってきます。

これをヒントに今週末は重点的にダンシングを練習してました。
で、松輪の最終周あたりで何となく判ってきて、湘南平と湘南国際で効果と現状を分析してました。

自分の中でもまだまだ未完成なので、現段階で確実だと思われる事についてのみ書きます。
もとのブログを読んだ人じゃなきゃ意味判んないと思います。

・イメージは竹馬。竹馬に乗って坂を上ってるイメージ。斜度によって変わりますが。クランクの角度で
一番力がかかると直感で感じる場所に竹馬の足をズコっ、ズコっと、リズミカルに刺して登って行くイメージ。

・肩の端と端を結んだラインの直線性を維持したまま、そのラインが水平面から見て揺れる。
肩から上げようとして肩の先がピョコっとすると直線を維持できない。肩で上げるわけではない。
肩はリラックス。でも、普通のダンシングのように肩のラインを水平に保とうとするとできない。

・腰もペダリングに合わせて少し左右に揺れる。

・斜度がキツめの場所では手の引きつけと押しが必要。狐の手(中指と薬指をブラケットの下側に引っ掛ける)
を使うと腕だけで引くという事にならない。狐の手は、古武術の本を立ち読みしててヒントをもらったw
ある程度の力で押し引きすることで、体が斜度(&自転車のBB)に対して丁度いい位置に自然と移動する。

・失敗してると、足の太ももの前が痛くなって一気に駄目になる。
上手くいってると、お尻の後ろ側とか背筋とかに若干疲労を感じるが、ペースで登ってれば基本どこも疲れない。
今の自分でも(速くないけど)湘南国際くらいならずっとダンシングでいける(5~6分)。
まぁ、足がキツく感じたら出来てないってことで。

・筋肉への負荷は少ないが、心拍は上がる。自分のように軽量系なクライマー志望は心肺機能鍛えないとね!

・ブログの著者も書いているように、ケイデンスが90rpmを超えてくるとやりにくくなってくる。
シッティングで登っていて、足が回らなくなってくるような斜度の坂や、ストップ&ゴーの初期加速
など、低ケイデンスで高いトルクが必要な場面で特に有効と思われる。
あと、緩めの坂で一気に加速したい時も良かった。

自分も練習始めたばかりなので、また続報があったら書きます。
フォームが決まって、コレはイイ!と感じた瞬間は本当に楽に力強く登れてる感覚になります(^_–)
完全に自分のものにできれば、かなり坂で有効ではないかぁ!? 

そんなわけで、暫く自分のテーマは以下の3つ

1)背骨がスッと自然に伸びたフォームを保つ。
2)ペダリング時にお尻の横側の筋肉も動員する(特に登りのシッティングの巻き上げ足)
また、上体の体重をペダリングに乗せる意識。
3)コンタダンシング(なんばダンシング?)

基本のフォームと、シッティング、ダンシングそれぞれ1個ずつです。
さーて。面倒な修士論文はスコスコとおわ。。。る?かなw


箱根駅伝から逃げるぞ!2011 155.28km

2011年01月02日 23:01

さあ、やってきました1月2日。箱根駅伝!
masaさんプレゼンツ、箱根駅伝から逃げるオフに初参加してきました。全員集合!
[photo by motoさん]

去年は茅ヶ崎から箱根まで登っただけでした。今年はフル参加で逝ってきます!

朝、4:30にムクリすると忍び足で家を脱出。
輪行中に朝ご飯mgmg.. 赤飯とか一年ぶりかも。
赤飯
[縁起をかついでねw]

東京駅に到着すると、そこには自転車乗りが続々と集結しつつありました。
集う
[正月の早朝からねぇ]

集まったメンバーで軽くブリーフィング。
交通ルール遵守。交通規制に引っかかったらおとなしく降りる。ランナーの後ろを追わない。
などの基本事項を確認。
ブリーフィング
[初参加の人。 ハーイ(^-^)/ の図]

大手町では各大学の応援合戦が加熱。ものすごい熱気でした。非常に士気が向上します♪(v^_^) v

応援合戦
[この後の、ミニスカートの応援団に力を貰ったw]



そんなわけで。まったりスタート。

スタート
[photo by motoさん 黒いのが私]

で、今回の走行ログはここなんですが。。

超はえぇ~((((;゚Д゚))))))) 
いや、速度はまぁ普通なんです。でも、ここは東京やら横浜やらの大都市圏のバイパス道路。
信号機が数百メートルごとにあるわけで、この速度を出すには青信号と共に猛然とゼロスタートダッシュを
決めて時速30キロ台後半まで毎回加速しなきゃいけないのです。これがキツい!
クリートキャッチし損ねたらホント地獄ですよw ハマりが悪かった左クリートを新しくしといてよかったぁ。

...度重なるインターバルによって、温存しておくべき大腿四頭筋を消耗し。
慣れない人との混んだ道での集団走行の緊張からか、134に出るまでは体幹を使ったペダリングに集中できず。
(ダンシング、下手なんです(>_<) 前の筋肉使っちゃってる)
背負った荷物は体幹使うのに邪魔だし!

とにかくキツかったwww 本当にみんな登りの事考えてんの~?? なんでこんなダッシュする必要あるの~??
と、もう笑っちゃいそうな感じで楽しく走行。
写真を撮る余裕も無く。風祭のローソンでようやく休憩。
コンビニ
[ふぃ~。時間調整ね]

ここまで、90km近く走ってきてサイコンの平均が29.7km/h... キモイぜw
話を聞くと、どうやら皆さんかなり足を消耗したとのことw 意地の張り合い消耗戦だったわけだ(^_^ ;)

焼きそばパン、ハンバーガー、羊羹×2をmgmgしていると他の集団も続々と。
続々と
なんか、すげー速そうな人達だ。なになに? 時速50kmで千切りあいしたって?(oдo)]

まぁ、ぼちぼち登るか~。

登るよ~
[凄い人&車!]

しかしまぁ、車は渋滞してる上に脇には人がいてまともに走れない!
バスに足止めされつつ、ヨロヨロと12~14km/hで登る。
この間試走した時は15km/h以上をキープして快調に走ったんですが(–_– ; ) 
やはり、ふともも前の筋肉を消耗してると登りはキツいですね~。
しかもコンビニで意地汚く食べ過ぎたせいか胃がキリキリと痛むw 楽しくなっちゃうほど満身創痍だwww

観客に応援されつつ、ジワリジワリと登ってようやく登頂。

ゴール
[photo by macoさん ぐぁ~~~!]
最高地点
[やった♪(v^_^) v]

頂上はめっさ寒い! ネックウォーマーに携帯ダウンを装着しても、濡れたインナーのせいで凍える..
インナーウェアの替えは持って行こうね!!!

待っている間にも続々と自転車乗りが到着。今年も100台以上いたかな~。
高い所が好き
[ほんとに、正月からご苦労な変態たちです]

しばらくすると......
なんか変な人キター!!!!!!!Σ(゚д゚lll)
ショッカー
[あ、あれはw]
怪しい
[TTバイクにTTメット。ショッカーマスクのニャロメさん]
大仏
[視線を独り占めだよぉ!]

と、おバカなことで盛り上がっていること暫く。
ついに来た! 今年も速い! 山の神!
柏原!
[いや~力強い!]

動画はこっち。


俺もあんな風に登りたい~(>_<)

選手が通りすぎたら寒いのでそそくさと下山。渋滞を避けて強羅の方から林道で小田原へ。快適♫
小田原からは追い風にのって30km/h切るくらいでまったり帰路につきました。

いや~。思った以上にハードなイベントでやりがいがありました。
主催のmasaさん他、一緒に走ってくださった方に感謝!!
来年も正月は実家に帰ってると思うので、参加したいですね~。

155.28km
6:08’44

ローラー初め 高ケイデンスメディオ20×2 

2011年01月01日 17:27

明日の箱根駅伝に備え、今日は筋肉に疲労を残さないローラー。
心拍よりもケイデンス維持に意識を集中して110rpm以上で20min
二本目はタレて100rpmが下限になっちゃった。。。

ケイデンスが上がると、上体がぶれて力が逃げる感じが強くなるのでクッと腹回りに力を入れている。
110rpm超えてくると、常に入れっぱなしにしないと間に合わないから腹筋がドンヨリと疲れる。
今の自分では100rpmあたりがペダリングと体幹が上手くリンクする上限かなという感想。

回転力が足りない! てか、その前にスタミナが足りない!。・゜・(ノД`)・゜・。

さて、今日は早く寝て明日に備えますよ~。楽しみ~~~~!!

Time 1:52'48
Dist 37.99km
AveCad 92rpm
Training effect 3.8
AveHR 73%
MaxHR 92%
Below 30min
Zone1 27min 65~70%
Zone2 27min70~80%
Zone3 20min 80~85%
Above 16min
Energy 973kcal

Shift up to the future!!

2011年01月01日 00:26

さてさて、明けましておめでとうございます。
今年は就職で住む場所が変わったり、レースデビューしちゃったりと自分的には激動?の予感がしています。
でも、「漕ぎ続ければ必ず辿り着く!」
自転車乗りならみんな分かっていることですね♪(v^_^) v 

思えば2010年は出会いに恵まれた年でした。
ブログ経由で神奈川の自転車乗りのみなさんと。
 Twitter経由で各地の自転車乗り&茅ヶ崎ついったらーずのみなさんと。
   縁が繋がって、Hirako modeのみなさんと。

普通に生活してたらちょっと考えられないほどの出会いですね(^_^ ;) 人の縁って面白い!
なぜか、90%が30~50代のナイスガイ達なのは秘密だww 若い女性いね~っっw

んでは、みなさん。今年もよろしくお願いします! ギア掛けていきましょ( ^ ^)/



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。