--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

餅つきは体幹使うと見つけたり... 餅つきOFFF

2010年12月30日 21:17

今日はHirako modeで一緒に走っている、suzuryuさん家の年末餅つきにお呼ばれしてきました。
臼と杵で本格的につくんですよ~。

臼
[久しぶりに見た!]

到着すると、皆が持ち寄ったお酒で既にメンバーは酔っぱらい状態w
日本酒の良い所が揃ってました。
お酒~
[かけつけ三杯]

とりあえず、餅をつけという事で、衆人環視の中で杵を振り上げる。

うぉ、結構重いぞ。。
オリャ!(>_<)
   ペチャ。。
  オリャ!(>_<)
       ペチャ。。
  お、ショボイっww
ウリャ!!!
    ベキッ!
・・・.....(^_^ ;)
  臼の脇に杵が当たって、木屑が餅にぃぃぃぃorz.. 

(´Д`)y―•~~「おいおい~。チャーハン作ってんじゃねぇぞぉ!」
 (´Д`)y―•~~「体幹が使えてないなぁ!」
(´Д`)y―•~~「全然だめじゃ~ん」←これ、ワタシの彼女!
 (´Д`)y―•~~「臼の真ん中に目線を、端を見ちゃうと駄目だよ。コーナリングと同じだよぉ!」

などなど、罵声w飛び交う中での餅つきでしたwww これが初体験者の洗礼かぁ((((;゚Д゚)))))))

つきたてのお餅は納豆、あんこ、おろし、焼き、きな粉のオールスターで美味しく頂きました。
のし餅も作って、希望者は持って帰ることもできました。
餅米伸ばし
[最初に餅米を潰す、難しい作業を担当するSuzuryuさん。プロい!]

のし餅
[のし餅作成ちぅ]

餅つきは8時頃からやっていたようですが、餅米の量が莫大でいつまでついても終わらないっw
日没が迫るなか、modeメンバーの力を結集し餅つきローテーション!!
疲れる前に先頭?を交代してつきまくる!!

あと、5臼? 7臼?という情報が錯綜する中でつき続け、、、日が暮れ始めた頃に終了♪───O(≧∇≦)O──
普段使わない所を使ったので、いいトレーニングになりましたw

お餅も美味しかったし、皆とワイワイ喋れたし、楽しい一日になりました♫
来年も実家に帰ってきてたら参加したいな!
スポンサーサイト

これがクリスマスの余波ってやつか... 湘南国際10本 105.07km

2010年12月26日 18:47

今朝。
朝5時に起床。
こたつにて朝ご飯mgmg。犬が膝の上で寝始める。
   ーーーーーー幕間ーーーーーーー
ハッ!(oдo) 7時。。。orz
寝坊、、すいません。全てクリスマスがいけないんです。。

トボトボと出発。今日は早めに帰りたかったので、反省と前回の確認を兼ねて湘南国際へ。
追い風の中、120rpm基本で回して走る。ズーっと維持しようと思うと以外と大変。
ケイデンスが上がった時は、腹筋にクッと力を入れてあげるとお尻が跳ねにくい感じだった。

湘南国際を登り始める。
体重を使って踏み込む事+前回掴んだ気がしたお尻の横(横後ろ)の筋肉を意識。
ん~。なんか違う。前回の感覚と違うなぁ。踏み込みはできてるけど、お尻の横を使えてる感じがしない。

おかしいなぁ。おかしいなぁと思いながら登ってた5本目くらいでようやく感覚が掴めた。
前回は意識するだけで使えていたけど、どこで使っているのかハッキリしていなかった。
今度は下手に意識したせいでおかしな事になっていたようだ。

感覚としては、足を巻き上げるときに尻横筋を使う。
これが使えると、ハムストリングスの負担が一気に減る。
踏み足は体重、巻き上げは尻横筋 という状態がリンクしている時は、あるペースまでは
足(尻から下)にほとんど負荷をかけずに走る事ができる。
平地でも常に巻き上げの起点を尻横に感じるとハムストが楽。

気づいた時点から一気に調子が上がって、ポジティブな気分で10本こなしました。
後半の方が楽だったww
上記したペダリングを使って、あるペース以上に上げなければまだまだ登れる感じ。
さみー
[でやぁ!]


しかし、一週間に20本も登ってしまったな(^_^ ;) アホか。

帰りは横風と砂つぶてに煽られて、、最悪。
これが寝坊の報いか~~~w

105.07km


モード朝練 湘南国際村10本!尻横筋を使いましょう! 104.26km

2010年12月23日 18:54

今日はモードの非公式朝練。
人来るかな~と思いつつ、朝焼けの中をひた走る。
集合時間が7:00だと睡眠時間が長くて助かるw

ヒラコの前に到着すると、okanyaさん、Y根さん、わんchanさん、Suzuryuさんが集合。ホッとしたw
ここでokanyaさんに動的ストレッチについて教えていただく。
動きの中の柔軟性。これはいままであまり考えた事のない領域かも!

まずは湘南国際村付近の激坂散歩道?をグリグリ登る。
前輪浮いたりしてビビりつつ。

左クリートのはまりが悪くて、斜面からの再スタートができない(>_<) 
クリート交換しよ。。

その後、okanyaさんとY根さんは帰宅。
suzuryuさんの発案により、残ったメンバーで湘南国際を10本やろうというという事に。
うわ~。絶対キツいわぁ。。と思いつつsuzuryuさんについて登り続ける。
基本的にペースで体重が乗ったペダリングをスムーズに行う事に意識を集中した。
途中でわんchanさんが離脱。

その後、色々と喋りながら登ってるうちに、ペダリングの話に。
ryuさんはお尻の横側の筋肉を意識してペダリングしており、いつもそこが筋肉痛になるとのこと。
ロード乗りなら分かると思いますが、お尻に力を入れた時にできる尻エクボの上側の筋肉ですね。

今までのペダリング+尻横筋を意識して登ってみると、登りが楽。
そして、意識した尻横筋が疲労しているのを感じた。今まで積極的に使ったことはなかったので新鮮!
ペダリングのどこに使われているかを意識するというより、ただ存在を意識しただけですが(^_^ ;)

なんというか、出力が一気に上がるわけではないのですが、体重を乗せたペダリングと組み合わせると
同じ速さでも楽に走れる感じでした。
そのお陰でラスト3本くらいが一番好調でしたw 

今まで眠っていた新たな動力。ここが鍛えられれば、更に楽に速く。。ふふふ。
ryuさんには感謝です! 

あと、ペダルに上手く体重を乗せる感覚については引き続き検討。
ケイデンス100rpmくらいまでだと、それなりにスムーズに体重移動とペダリングがリンクして
円運動の間つねにトルクがかかってる感覚が得られてはいる。
正解かは分からないが、体重移動をわざと利用しないで登ってみた時と比べると雲泥の差。一応効果あり。

ケイデンスが110~120くらいになってくると、どうも上手くない。
もっと無駄なく体を使わないと体重移動がペダリングにリンクしない。うーん。

Training effect 3.0
AveHR 68%
MaxHR 96%
Energy 2870kcal
Below 2:31
Zone1 47min
Zone2 1:03
Zone3 27min
Above 35min
Dist 104.26km
Odd 8560.2km
Tm 4:47'03

ペダリングについて思う事 体幹ってなんじゃーーー!?

2010年12月19日 18:34

自転車のライディングスキルについて、学んだ、思う事をまとめとこうと思ってカテゴリを作ってみました。
自分用メモなので、話半分。まとまってなくても勘弁願います。

今日の房総練で思った事。

体幹を使ったペダリングってなんだろう?
色々と見聞きしたのをまとめると、結局は「体重をペダリングに利用する」に集約されると思う。
体重の乗せ方は、
・胴体部分を左右半分に割って、その左右ををつかって踏み込むイメージ
とか
・胸の辺りまで足だと思って(裏は肩甲骨のあたり)、肩甲骨を意識して踏み込む
などと言われていて、自分もまだどういう風に体を使うのが効率がいいのかは探っている所です。

でもまぁ、結果として表に現れてくる現象としては
・体がペダリングに合わせて左右に揺れる(自分のような初級者は特に)。
・体の揺れに対応して自転車も少し左右に揺れる。
といったところだと思います。

今日のライドで初めてこの感覚の端っこをつかんだ感じですが、坂などでトルクがいる時などは
特に違いをハッキリ感じます。明らかに足の疲れが少ないです。

じゃあ、体幹が足りないってどういうこと?
理屈で考えると多分以下の二点だと思ってます。

・腹回りの筋力が弱い
→左右にかけた体重がペダルにちゃんと伝わらない。

・高ケイデンスに合わせて体重を左右に動かす神経&インナーマッスルがない
→高ケイデンス時に対応できない。

要するに、体幹を使ってかけられる力の上限は上体の体重なわけです。
体の胴体部分の筋肉では、ベクトル的にこの方向の力は生み出せませんし。

具体的には、こんなことをやってみればわかる。
足を肩幅に開いて、膝を軽く曲げ、自転車に乗っている時のように上体を倒す。
この状態で、左右の足に体重をかけてみる。

このとき腹回りに力が入ってないと、上体が動いた重さが足に伝わる前にお腹の所でフニャっと吸収
されちゃいますよねw 肋骨から下は左右方向にも可動性があるからです。
一方で、腰が入って腹筋にテンションがかかった状態だと、力がスムーズに伝わると思います。

腹回りの筋肉が弱いと、自分の体重+ペダリングによる反力に負けてフニャっとなっちゃうわけです。
これではせっかくの体重が活かせません。これが体幹が弱いの意味する基本事項だと妄想しています。

で、高ケイデンスの方は自分はまだよくわかりません。
ケイデンス120とかになると、0.25秒で左右を入れ替えないといけません。
これは多分どこかのインナーマッスル達の神経を発達させるしかない! いや、適当ですが(^_^ ;)

話が戻ってあれですが、走りながら腹筋にテンションをかけるには、
腹筋がある程度伸びていないといけません。やってみれば分かります。
アーチが大事。骨盤を立てる!というのは実はあんまり正しくないんじゃないかと最近思います。

自分も単独で走っていたときはその言葉に縛られていましたが、実際には骨盤は少し寝かして
腰が入った状態の方がいいと思います。こうなると自然と腹筋は伸びます。
座骨を始点に、言葉では表現しちゃいけない感じの所をサドルにつける感じw
普通に立った状態でも、骨盤の左右に生えている大きなボルトを締めるイメージで骨盤をクッと動かせば入ります。 左手側は逆ねじなので気をつけてw

あと、付け足し。ペダリングでジワーッとトルクをかけるという表現をつかいますが。
薄くトルクのせる感じでクルクル回す。というイメージが自分にはしっくり来た。
前に追いつこうと思って、矩形にトルクを上昇されると推進力にならない無駄な(クランクひずませたり)
エネルギーが消費されるので、薄いトルクの層を足に感じつつ、滑らかにトルクを上昇させる感じ。
え、これじゃ意味分かんないって? でも、今の自分には上手く言葉にできないんだよね~、あっはは。

房総を走っている最期の方に腹筋の事に思い至ったので、房総の岡々達で試せなかったのが残念。
でも帰りの134号では、かなり足は疲れてましたが上述した事を意識するとクルクルクル~っと
足が回って足には何も感じずに35km/h前後で流して帰ってこれました。
追い風ではありましたが、そこら中筋肉痛で刺激に対して敏感になっている両足が何も感じずにスーッと
走れた感覚は新鮮でした。

完全に蛇足ですが、アウタートップに入れて停止した状態からシッティングで漕ぎだす時に
体重をグワーッと乗せると腿になんの負担もなく走り出せます。感覚を思い出すときなどに。

以上!! なんて適当な文章だ! こわいから読み返さないぞw
間違ってる可能性もかな~りあるから、そこんとこよろしく!



房総練 146.33km

2010年12月19日 17:34

今週はすっかり定番となった房総練。
今回は林道にも足を伸ばして、謎の急勾配区間を走ったりもしましたw
iphoneアプリで取ったログを乗せておきます。

狭い範囲で上手い事いい道を走ってます。恐るべしokanya師匠。。
途中で電波の入らない場所もあったので数値とかはいい加減だと思います。
これを見て、自分も初めて自分が走ってる道を認識しましたw

房総はなによりも、止まらずに延々と走り続けられるのが魅力です。信号ストップとかありませんからw
冬場のLSDには最適です。

Dist 146.33km
Odd 8455.7km
Tm 6:28'35
Training effect 2.4
Ave 22.6km/h
Max 58.4km/h
Energy 2722kcal
AveHR 59%
MaxHR 89%
Below 5:25
Zone1 53min
Zone2 1:06
Zone3 12min
Above 2min

今回のライドは得る事が多かった。
別の項で自分用にメモります。

中山峠辺りを周遊 相変わらず、道がよくわからんw

2010年12月18日 19:12

今日もヒラコモードの朝練に参加。
朝6:00に出発すると超寒い(>_<) 2℃だってさ~。
シューズカバーをしてても指先が凍みる。。
でも、ネックウォーマーがナイスな働きをして全体としては暖かでした。

走り出すとどうにも走りが重い。35km/hくらいで走ろうと思っても30km/hくらいになっちゃったり。。
なんか調子悪いな~と思いつつヒラコサイクルへ。

集まったのは、Oくん、okanyaさん、わんちゃんさん、Seedさん、gonさん、husserlさん、Y根さん。
と、ここでタイヤに空気を入れ忘れたのを思い出す!!!! タイヤプニプにやんけーーー(´Д`)
どうりで。。
okanyaさんの携帯ポンプで空気を足してもらって出発。

遠出したいメンバー4人で集まって中山峠へ向かいます。
走り出してもイマイチ調子があがらず、アップダウンでヒーヒー言い。
下りではラインが定まらず。。

あかんわぁ。。

家に帰って空気圧を確かめたら、前が5気圧、後ろが6気圧しか入ってなかった。
普段は前7気圧、後ろ7.1気圧だからぜんぜん違う。
コーナーでウニョウニョしたもの、走りが重かったのもこのせいか。・゜・(ノД`)・゜・。
空気圧管理は自転車乗りの基本なのに。。。反省。

Dist 143.41km
Odd 8309.1km
Time 5;17'28
Ave 27.1km/h
Max 60.3km/h
Training effect 3.0
Energy 2807kcal
AveHR 68%
MAxHR 93%
Below 2:48
Zone1 56min
Zone2 1:20
Zone3 44min
Above 22min

こうして見ると、高強度のライドだな(^_^ ;)


明日に備えて. ネックウォーマー導入!

2010年12月17日 23:20

明日も朝練で、出発は多分6時頃。
天気予報だと2℃らしいです。。。さぶー
でも昼には13℃まで上がるとか。どんな格好していくか悩む天気ですね。

でも大丈夫!
最近導入した新兵器。ネックゲイターを装備する日が来たな(^_–)
ネックゲイター

ネックウォーマーって一々頭をくぐらせるのが面倒ですが、
これは後ろにマジックテープとボタンが付いていて取り外しが簡単♫
通学する時はめちゃくちゃ重宝してます。

自転車にもいけるかな~と思ってますが、専用品じゃないので暖か過ぎるかも?
駄目そうだったら自転車用にカラフルで安いのを買いますか~。

で、今日のローラーは心拍の85%前後を20分維持。
限界じゃないけどキツいな~という負荷をキープする感じです。
あとは右足30秒 左足30秒を一セット。
明日の逗子への道中でも片足ペダリングはやっておこう~。

Energy 326kcal
Dist11.24km
Training effect 3.6

片足インターバル

2010年12月17日 00:22

今日も終盤になった実験をこなして、じわりじわりと修士論文を執筆。
12月中に序論と理論、実験項が終わればかなり楽になるぞ!!

そんなわけで今日も騒音に気を使いつつ、少しだけローラー。
右足60秒 左足90秒の片足インターバルを3セット。
ケイデンスが60~70 80~90 ~100になるようにとセットごとに負荷を調整。

毎回ラスト10秒くらいでカックンカックンなり始める(>_<) 左は60秒以降は修行って感じですw
疲れて走ってるときのペダリングがいかにいい加減になってるかよくわかります。

Energy 106kcal

すこしずつ積み重ねればいい。
僕は身をもってそれを知っているはずだろ。

アシンメトリック

2010年12月16日 00:00

今日のローラーは片足ペダリング練
右40回転、左70回転を3セット。

負荷を変えて、ケイデンス70、85、100でやってみましたが、
ケイデンス100の左が上手く回せない(-_- ;)

自分は手も足も右利き、なので全体的に体の筋力バランスが右に偏っている。
中高と軟式テニスをやっていたのも原因の一つかも。

自転車に乗り始めた頃よりは改善されましたが、足も明らかに左が細い。
固定ローラーで片足ペダリングをすると、負荷が一定な分だけ左右の差が如実に現れます。

少しでも左右バランスを取るべく、暫くはメディオと組み合わせて片足ペダリングもやろうと思います。
あと、片足で回すと足を持ち上げる時に回してる側の腹筋をかなり使うので、体幹トレにもなる。かな?
腹筋20 捻り腹筋20は毎日やっていますが。これって足りてるんかな。

Energy 180kcal
Time 27'21
Dist 6.33

ちょこっとローラー

2010年12月14日 00:03

今日は色々あってあんまりローラーできず。
いつもより重めのギアでメディオをやってみました。

ケイデンスが低い分心拍が上がりにくいので、筋肉への負担は大きくなります。
段々重いギアも回せるようにならんと~。

Dist:8.55km
Odd: 8142.8km
Training effect:3.0
AveHR:76%
MaxHR:90%
Below 3min
Zone1 1min
Zone2 6min
Zone3 11min
Above 1min
Energy 201kcal

房総半島は平坦強風注意!? 158.21km

2010年12月11日 23:10

今日はモードの房総練。

房総というと、某インパラ達の影響か平坦強風千切り愛という印象ですが
今回のコースは内陸のアップダウン+平坦路なのでほとんど風の影響を受けませんでした。
むしろ、ヒラコサイクルからの往復がしんどかった(^_^ ;)

相変わらずルートはどこを走っているのかよくわからないw
次はiphoneのルートログアプリを起動しておこう!

練習内容はLSD走が基本。
止まらず、タレずに延々と走り続ける。
これが結構じわじわと良い練習になります。

今日学んだ事まとめ。

自分は体幹の力が足りていない。
体幹を使う。というのは速い人がよく使う表現ですが、正直よくわからんw
okanyaさんに色々聞きつつ、自分が理解(勘違いかもしれないが。。)した範囲で自分の為にまとめてみます。
走り書きなんで分かりにくくてすいません。

体幹の一つの役割は、ペダリングの際に左右のバランスを取ると共に体重をペダリングに利用する事にあり。
ペダルを回す時に生じる反力を逃がさずに脚力+体重をペダルに掛ける事が重要だが、体幹の力が反力に対して
十分でないと力が逃げてしまう(脇腹の背中側あたりに逃げる?)。要するに、柔らかいフレーム(体幹)よりは硬いフレーム(体幹)の方が力がダイレクトに伝わるという事。ただし、手はハンドルにちゃんと固定しておく(手で引っ張るわけではない。ただのクランプ)。イメージとしては、ペダリングの際に少し腹回り全体の腹筋にテンションをかける感じ。特に腹直筋は曲げて縮こめずに、伸ばし気味の方がいいと思う。多分。

体幹が使えている時は加速する際にも手や足に負担をかけずにスーっと加速できるという。
これは恐らく、上記の役割でパワーのロスが無い事に加えて腸腰筋が使えているかどうかが重要だろう。
多分、腸腰筋の強さ+腹回り,背中の筋肉の強さが体幹の強さという事だと思う。

で、どうやって鍛えるか。一つはいつもより1~2段重めのギアを使ってみる事。一回転当たりのニュートン値が大きくなるので体幹にかかる負荷も大きくなる。あと、ついつい自分の快適な回転数で出力を出そうとしてしまうが、同じ出力を色々な回転数で出せることが大事との事。高回転でも低回転でも同じ出力をめざそう!

以上。ちなみに、この内容は明日にでも間違ってる事が判明するかもしれませんwww

Dist:158.21km
Odd: 8134.2km
Time: 6:21'11
Training effect: 3.3
AveHR 63%
Below 4:35
Zone1 53min
Zone2 72min
Zone3 19min
Above 14min
Energy: 2740kcal

音程は遠く、豚汁は重く

2010年12月09日 01:38

今日は学校の生協で6時くらいに夕飯を頂いた。実に健康的だ。
豚汁が思いのほか油っぽくて、胃にもたれたのが計算外だったが(^_^ ;)

体にエネルギーが補充されてたお陰か、昨日のようにローラー中にへばる事もなかった。
家に居ながらハンガーノックとか。。。

アップを20min程じっくりやって、20minのメディオ。
この積み重ねが効いてくれば良いけど(>_<)

Dist 16.02km
Odd 7975.6km
Tm 44'06'0
Training effect 3.8
AveHR 78%
MaxHR 87%
Below 2min
Zone1 3min
Zone2 18min
Zone3 16min
Above 4min
Energy 441kcal



う~ん。未だ回復せず?

2010年12月07日 22:46

今日のローラーは調子悪かった。
感じる疲労感の割に心拍が上がらず、メディオ20minどころが15minもできなかった。

昨日は休足日にしましたが、週末にかけた負荷から回復できてないのかな??
はたまた。昼から時間が空いて、帰宅して夕食を取った直後だったのでハンガーノック状態だったのか。
体の調子を把握できるようにならないといけませんね(–_– ; )

Dist 10.42km
Odd 7959.5km
Time 29'42
AveCad 84rpm
AveHR 149bpm
MaxHR 166bpm
Below 3min
Zone1 3min
Zone2 10min
Zone3 13min
Above 0min
Energy 289kcal

自分を見つめる箱根周遊 長尾峠ー大湧谷ー大観山 144.95km

2010年12月07日 01:14

日曜日は西伊豆スカイラインか!
最高

でも、午後4時に帰投しないと。。 DNSで申し訳なかったです。

どうしようかな~と思いつつ眠りにつき、目覚めると空には雲一つない( ^ ^)/
こんな日は箱根に行かないと!!
この2~3ヶ月行ってないから、自分の力量がどう変わったのか試してみたい気持ちもあるし。

で、134を西へ。
単独走すると自分の力がよくわかる。
だいたいメディオ80~85%の心拍で走ると38km/h前後で走れる。
85~90%だと42~44km/hくらい。
結構いいペースで箱根湯本まで33kmでメーター平均が30.1km/h。

て、普通に書いてますけど↑の数字、2ヶ月前の自分では想像できなかった値ですからぁ!!!
モードの朝練だといつも真っ先に千切れてますが、ちゃんと力は付いてきているようです(^_–)

湯本からは長尾峠までメディオアタック!!
フルアタックではなく、80~87%の心拍を維持して登り続ける。
車が多くて走りにくいったらないですが、極力ペースを保って走行。

ラスト3kmから追い込んで、峠でオールアウトするつもりでしたが
思っていたより筋肉の方にダメージがあったようで、心拍が上げられない(>_<)
箱根までの平坦で調子に乗って踏んだ分が響いたか。。。 反省。
登りのダンシングも上手く使えていない。色々聞いてみよう。

タイムは商店街を抜けた所から59min、平均心拍83%
問題はいろいろあったけど、前に登った時より明らかに足が回ってスピードも出ている。
地力は上がっているようでホッ。

景色? 最高に決まってるでしょw
一年に数度有るかないかの日和でした♪(v^_^) v
長尾峠
[画角に収まらん!]

その後はエアロビック域でまったりと大湧谷と大観山を攻略。

大湧谷は相変わらず車が列になってて大変。
「あ、すげー!自転車だ!」という子供の声援を浴びつつ登るのは楽しいですがw

大湧谷
[うははw]
大観山
[うへへw]

さて、登ったら下るわけです。
下りはラインを堅守して走る!の教えに従って走行。これがなかなか難しい。
今の、確実に左の人を崖下にたたき落としてるだろ。・゜・(ノД`)・゜・。という事が数回。
今まではなんとなーくアウトインアウトで漫然と下ってましたが、これでは技術は付きませんね。練習練習!

帰りは足が回ったのでクルクルと34km/hくらいで走行。
山登ったあとは疲れてるけどペダリングがスムーズになってる事が多いよな~。

 自分用メモ:帰りの平坦で感じたこと。ダンシングでは、クランクが描く円弧の中で踏み足が使える長さが
 なるべく長くなるように重心を移動するとスムーズ。これ、登りでも使えるかな?

久しぶりの単独ロングで自分の走りを見つめ直せた気がする。
来週からはまたモミクチャにされてきますかw

Dist:144.95km
Odd:7949.0km
Time:6:04'03
AveHR 135bpm
MaxHR 185bpm
Below 142min←ここを減らさんとね。
Zone1 47min
Zone2 118min
Zone3 56min
Above 19min

ハヤシライスローラー概論

2010年12月01日 00:42

えー。
ハヤシライスを食べた直後にメディオ練は危険です危険です。てすてす。

サクッとメディオ20min決めようと思ってましたが、妙に吐き気がして15minでダウン。
いつもは夕食直後でも余裕なのに。。
カレー、ハヤシライス、シチュー系はローラーと相性が悪いんだろうか。・゜・(ノД`)・゜・。

オマケにローラー後にサドル高を調整してたら、シートクランプのピンを折っちゃった。。。
カーボンフレームだったらフレーム逝ってました(-_- ;) 深く反省。
とりあえずクロスバイクのを借りて借用ちぅ。

今日のローラー メディオ15min といいつつソリア域まで上げてみた。
Time 31'44
Dist 10.83km
Odd 7744km
Energy 292kcal
Training effect 3.3
AveCad 84rpm
AveHR 144bpm
MaxHR 172bpm
Below 10min
Zone1 4min
Zone2 3min
Zone3 7min
Above 7min






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。