--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Twitter 奥多摩周遊オフ! 233.5km 

2010年07月26日 23:45

ごぶさたしてまーす。
三連休にSPring-8で徹夜実験をやってうなだれていたtoyheartです。

週末が潰れて全然実走できてなかったですが、なるべくローラーを回してトレーニングを継続しています。
家にローラーがあるって革命的ですねぇ。
これは買いだと思います、ほんと。

閑話休題
先週末はTwitterオフ会で奥多摩を周遊してきました!
Twitterでオフ会する事になるとは驚きですわw

コースはコチラ
武蔵五日市駅を始点にして、奥多摩の山を楽しむ山岳基調のコースです。

集合が8時だったので、4時起床で4時半出発! 眠い(><)
日の出を眺めつつ、境川サイクリングロードを北上。
日の出~
[暑くなりそうー]

車の多い道をよいよい走って、どうにか武蔵五日市駅に到着。
結局3時間以上かかった(汗 65km

集合場所に続々と自転車乗りが集まってきます。
クロモリ、カーボン、小径車etc...
全部で14名! Twitter恐るべしw
先輩!
[CAAD9は三台いたよ]

とりあえず、風張峠を目指してヒルクライム。
って、ペース速えーーorz
序盤は平坦基調のアップダウンコースで、アウターでガシガシ行く感じ。
足の調子も悪くなかったのでついついペースをあげ過ぎ。。

バテましたw
おまけに超暑い
足は残っているのにやたらと心拍が高い。軽く熱中症気味だ。。
ラスト4kmはホント辛かったです。こんなに暑い登りは初めてだよ。
あっつーーーー! 
[ヘロヘロ]

完全にブレーキ状態で都民の森に到着。
コーラがバカウマ!! 冗談抜きで人生最高のコーラだったw
都民の森で命の休息
[完全に体がオーバーヒート]

休憩後にえっちらおっちら風張峠に向かいます。
目指せチマコッピ

遂に辿り着いた風張峠は!!
ん? どこ?
思わず通り過ぎちゃいそうですね~w
なにもない~w
[東京都の最高地点だよ]

ここから奥多摩湖までは長いダウンヒル。
勾配が緩くて気持ちいい!
奥多摩湖~
[下ってくると一気に暑くなる><]

このあたりで雷が鳴り始める。
入道雲と相まっていかにも夏って感じの天気です。
暫く走っていると、やっぱり降ってきた。
雷落ちまくりの雨ザーザーよぉ!
暫く村役場で雨宿り。
Cats and Dogs!
[事前]
晴れ晴れー
[事後]

雨のお陰で少し気温が下がった中をよいよい走ります。ちょっと快適になりました。
路面からは湯気が立ち上るw
湯気立ち上る~
[むわーってしてました]

鶴峠へのアプローチは箱根旧道を彷彿とさせる急勾配。
距離が短くて助かったぁ。

つーかね。後ろに2kgの荷物をぶら下げて登るのはしんどいっす。
コントアーマグナムを買ったからって、とりあえず入るだけ入れてみたのが間違いだった
これからブルベ?って聞かれたものw
鶴峠~
[重装備w]

鶴峠を下った後は甲武トンネルへのアプローチ。
地味にキツい登りでしたが、坂に逆らって踏まずにまったり登りました。

峠を越えると一気に下までダウンヒル!
緩くて気持ちエエ~。
さよなら奥多摩~
時速60kmで下っている時に撮った写真! ではない]

みんな合流して、18:00には武蔵五日市駅に戻ってきました。
山岳は初めてという人もいる中で、落車などがなくてよかったです。
楽しかった~w

あ、
これから家まで65km。。

お尻が痛いからずっとダンシングで帰りましたよぉ!
233.5km

しかし、Twitterでのコミュニケーションというと、実際に合わないからコミュニケーション力が云々。。
と渋い顔をする人がいるかもしれませんが、それは悲しい勘違い。

Twitterは、自分が出会えなかったであろう人たちとの繋がりを作り、現実に出会わせてくれる有用なツールです。
[ネットと現実は容易に繋がる] 良くも悪くもこの事をちゃんと認識しておくべきですね。
少なくとも自分はTwitter初めて良かったですよ!

あ、コンタドールおめでとう!
アンディ、まじ熱い戦いだったよ!
スポンサーサイト

大観山を回収しなくっちゃねぇ120.98km &ローラ台導入!!

2010年07月10日 20:32

落とし物はなんですか~
 見つけにくいものですか~
  らーらーらー

いえ、私が落としたのは山です。

というわけで、神奈川グランフォンドでメカトラに泣いた大観山を回収してきました。
昨晩遅くまでツールを見ていた影響でおもいっきり寝坊orz
11時くらいによいよい出発しましたよ。

134号を快調に飛ばしていると、みどり色の自転車がスバーーっと抜いて行きました。
あ、あれは! 森師匠
元全日本チャンプですよ!

慌てて追いかけるも45km/hでようやく差が縮まるくらい。
この速度で単独走とは~

追いつきそうになったところで信号分断orz
一声かけたかったなぁ。

ししょーー!
[走り去っていく師匠]

しかし、すげぇ筋肉だった。。

気を取り直して走っていると、Uターンしてきた師匠が反対車線に。
お互いに会釈しましたw

にしても、天気予報とは裏腹にいい天気。
箱根の山もあまりガスってないです。
なかなかいい天気w
[いまからあそこに登るよ!]

今日は車が多かったので旧道をチョイス。TTモードで突っ走る!
走り始めて2~3キロはお腹の調子が悪くて、足に力が入らない感じ。。
トイレ行っとけば良かったorz

畑宿を超えた辺りから調子が良くなってきて、ハンドル固定・ハムストリング・股関節のペダリングで
よいよい登っていきました。とりあえず10km/h切らないように走行。
ラスト付近は緩くなるので、保存していた大腿四頭筋も使ってスパート!
47:11でゴール!

一気に6:00くらい縮まったかな。
前半から調子が良ければあるいは。。

箱根旧道はやはりヤビツよりもキツいですね。
基本的に勾配が急で、ケイデンスが60rpmくらいしか回せないです(涙

今回の登坂でも感じたけど、やはり軽過ぎるギアは疲れる。
足だけで回る分、足が疲れちゃう感じ。
少しだけギアをかけて、平地でスピードを出す時のようにクラウチングを深くすると
力強くペダルを回せる。
気がする。。 気のせいかもw

そんなこんなで芦ノ湖。
釣り竿持ってる人がいる、何が釣れるんだろ。
芦ノ湖
[大湧谷は雲のなか]

ここから大観山へのアプローチ! 実はこっちからは初めて。
旧道で疲れた足に優しい緩斜面が3kmほど。最大で7%くらいかな。車も少なくてGOOD!
大観山に向けて

眼下には雲の間から芦ノ湖が。意外と登ってんなぁ。
眼下に芦ノ湖

あっという間に大観山。これならあの時も登れたかも。。
いい気分!
[雲のない日に来たいな!]

湯河原までは20kmの緩い下り。横風がキツかったのでゆっくりゆっくり写真を撮りながら。
しかし、この下りは景色もいいし楽しー!
観測センター?
[名物のドーム.ここが勤務先だったら。。]

自分が登ってきた高さを実感しながら。
東伊豆の海~

いえーぃ。
あらよっと

あっという間に湯河原まで下って、後は茅ヶ崎に戻るだけ。
箱根TTをやった足には微妙なアップダウンがキツい(汗
箱根がただの通過点な時は自重したほうがよさそうだ~。
湯河原~

国府津辺りで赤いトレインに遭遇。
TEAM VAPORという横浜のチームとの事、断って便乗させてもらいましたw

小学生がいるので、35~40k/hでの走行にしてるとか。
そうですか~。。疲れた自分にはこれくらいが心地よいですw

赤い列車
[気分はチッポリーニ!]

やっぱりトレインの後ろは楽ですね~。あっという間に茅ヶ崎まで着いちゃいました。
THANX!!

120.98km

あ、そうそう。
わたくし、遂にローラー台を導入しました!
これで毎日トレーニングできるゾw みてろよ~
じゃーん
[部屋が居住に適さなくなりましたw]

ミノウラのV270ですが、音もブーンという低めの音が少しするぐらいで夜もOK!
問題はPRO3でローラーに乗ってることだw 
スプロケとトレーニングタイヤ買って、トレーニングホイール作らんと~。

今夜も蒸しますなぁ ナイトラン 53.76km

2010年07月01日 01:40

いや~。
負けちゃいましたね。日本。
じりじりするいい試合だったけど、負けは負け。

どんなに惜しくて、運の差としか言いようがなくても、勝者は前に進み、敗者は消え去る。
勝負の世界というのは厳しいものだ。。。

僕は僕で、わびしいながらも自分を鍛えていきます。
ちゅうわけで、ナイトラン!

コースはいつもの湘南国際往復。
スタートしてから暫くは片足ペダリング。
右30回、左30回ずつ3セット。

その後はいつもの35km/h巡航&ダラダラ走行の組み合わせ。
暗いところはスピード出せないですからね。

湘南国際の坂は、ヤビツのラスト5分だと想定してフラットアウト!!
でも、途中でちょっとバテてあんまり効率よくなかったような。

バテても気合いでペダルを回して、どうにかゴール。マジキツかった。。
ベストタイム更新~
[前回から28秒短縮]

5分の壁は破れなかったですが、30秒近く更新できたので良しとします。
ダンシングがもっとうまくなれば5分切れそうなんだが~。
ちかれたー
[ゼイゼイ言いつつ]

ワールドカップは終わりましたが、自転車乗りの夏はこれからですね。
7/3 Tour de France開幕

また、あの夏が帰ってきます。
ブロガーのミユキさんの言葉を借りれば、
悲しくも切なくそして愛おしいだから人はツールに魅せられる。

あの夏が。
53.76km



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。