--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラコ朝練で錆落とし

2009年10月18日 23:00

10月に入ってから全然走れてなかったので、今日は錆落としも兼ねて
ヒラコサイクルの朝練に参加してきました。

ナイトランも含めて走っていかないと、走行距離がヤバイ(汗)

今日はBチームで参加させてもらいました。
前回参加したときに、Bくらいが丁度いい負荷だな~と思ったのですが・・・

ん。
速い!

特に前のお二人が。

大楠山の坂道を必死に食らい付いつく。
体が重い。
たるんでるー。

もう坂が終わってしまう。

差は10mくらい。
がむしゃらにバイクを振ってどうにか追いつきました。

こんなにもがいたこと無かったよ。

その後の坂もどうにか食らいつく。
が。
本番の湘南国際でパッタリと足が止まってしまい、一気に最下位(涙)

はぁ~。もっと頑張らないとなぁ。
でも、やはり自分より速い人に食らいついていくのは練習になる。
一人で走っているときはモガイて追い混む事ってないですからね~。
REST
[30人くらいいるなー]

帰りに江ノ島の堤防に寄ってみた。
今日は暖かい事もあって大混雑。
イワシが釣れてるみたいですね~。
BANK
[ファミリー]

DIST:75.08km

スポンサーサイト

江ノ島釣り日誌1,2

2009年10月17日 21:16

久々に釣りを始めて以来、錆び落としを兼ねて毎週釣りに行っている。
茅ケ崎漁港はサッパリ釣れなかったので、今回は江ノ島堤防でサビキ釣りにチャレンジ。

実はサビキも江ノ島堤防も初めてのビギナーです#

11日は連休中ということもあり、堤防はかなり混んでいました。

賑う堤防
[一人2mって感じ]
始めこそ釣れませんでしたが、コツを掴んでからは面白いようにイワシが釣れました#
といっても、群れがしょっちゅう来るのでそこに仕掛けを入れて軽く誘うだけ。
お手軽~。

イワシー
[まだまだ釣れます]

この日は回遊魚の当たり日だったようで、山のようなイワシの群れと、それを追いかける
サバがはっきりと見えました。サバって肉食なんですね~。

周りではちらほらサバも釣れていたので、何とか釣りたかった!
2回ほどバラした後でやっとつれました#
引きが気持ちよかった#
サバー
[綺麗だ~]

この後、一緒に行った相方もサバを釣り上げて、満足満足###
初めてのサビキはラッキーデイで、よく釣れた~。
本日の釣果
[サバ2匹とボラをもらってしまった イワシ58 サバ2]

ボラはちょっと食べなかったですが、イワシは揚げて、サバは焼いて煮付けて
美味しく頂きました。
ご馳走様です
[骨ー]

続いて17日。
懲りずに今日も行ってみました(**)
今日は回遊魚がいなくて、サッパリでした~。
それでもどうにか二人でイワシを17匹釣り上げました。

周りの人よりは釣れていたかな。
完全に小物狙いに徹したからな~(笑)
寂びしー
[アジが釣りたいな~]

今日は落ち葉のクラッシック。ジロ・デ・ロンバルディアが開催されます。
もうシーズンオフですね~。

明日はヒラコの朝練行くぞー

数年ぶりの釣り in 茅ケ崎漁港

2009年10月10日 19:52

伊豆半島を一周している時に、青い海を見て思った。

釣りしたい!!

中学生くらいまではしょっちゅう釣りに行っていたのですが、
最近はさっぱりやっていませんでした。

屋根裏をごそごそして、昔の装備を発掘!
ずっとほっときましたが、まだまだ使えそうです。

キャリアを付けて実用車化したBLUEにクーラーボックスと竿をくくり付けて
出発! 自転車で釣りに行くなんて最高だよ!

辻堂~
[ばっちり積めます]

やはり、自転車に積んでしまうと荷物の重さは大して気になりません。
古くなったチューブとUSBケーブルでくくりつけてたのですが、大丈夫でした(笑)

漁港までは8kmくらい。流石にスピードを出す気にならないので30分くらいかけて到着。
漁港壱
[懐かしい~]

エサはアオイソメをチョイス。これがもてない女の人は結構いそうだ。
写真は自主規制で(笑)

漁港弐
[漁港内]

先日の台風の影響もあまり無かったようで、壊れたりはしていませんでした。
ただ、濁りがまだ取れてないようで、あまり良い条件では有りません。

BLUE
[海にはBLUEがいいね]

釣り場所には堤防の先端付近をチョイス。
今回は天秤を付けたチョイ投げでハゼやメゴチ、イシモチを狙います。

竿をたらして待つ。待つ。待つ。
しかし、釣れないなぁ~。

今日は皆あまり釣れていないようで、投げ釣りのキス狙いの人も
いい型が出てないようでした。

ようやく釣れた魚は小さなヒイラギ。はぁ~↓↓
食べられない魚は逃がしマース。
ヒイラギ
[8cmくらいかな。]

その後にハオコゼを釣り上げて、さらに↓
サビキ釣りの人も今日はボラばかりのようで、なんとも外道DAYでした。

待てど暮らせど・・
[待ちの一手]

四時まで粘りましたが、寒くなってきたので撤収。
坊主か~。とほほ

カエロカエーロ
[階段]

結果は坊主でしたが、やはり釣りのメンタリティは自分にあっている
気がします。周りの人とも色々話せて楽しかった#

自転車と釣りは人生の友になりそうだな~。


帰宅後。衝撃の出会いが。
我が家のお隣さんのお隣さんのご主人が実はロード乗りであることが発覚!

しかも中学時代から乗っていて、もう20年選手だとか。
しかも、レースを主眼でやっていて、かつては自転車で身を立てようと思っていた
程のレベル!
しかも、以前はSHIMANOの鈴木真理選手と一緒に練習もしていたとか!!!!
真理さんって。。凄すぎる。

身近に師匠を発見しました~#

伊豆半島一周 ~装備編~ 長距離を走る時の装備

2009年10月03日 23:25

長距離を走る時の装備は、特に自分のようなビギナーにとっては気になるもの。
慣れてる人にとっては大した問題ではないので、あんまり細かく持ち物を書いてる
事ってないんですよね。

今回は伊豆半島一周を例にして、持ち物を紹介しようと思います。

まずは前提条件。
伊豆半島一周は夜中の0:00にスタートし、徹夜で走り続けて21:30に帰宅しました。
泊まりの装備はありません。天気は雨が降らないと確信できる日程を選びました。
気温は夜でも半そで+ウインドブレーカーで対処できる程度でした。

以前の山中湖ランで学んだように、自転車に乗るときは可能な限り背負う荷物を減らすべきです。
軽さは非常に重要です。

以下に装備を・・

10ℓのバックパック・・・ドイターのアドベンチャーライト。レインカバーは無いが、軽い。
             背中のポケットはギリギリ使える。
輪行袋、リアエンド金具・・・オーストリッチ。なるべく使いたくないが、非常用としては必須。
輪行時のパンツ・・・レーパンの上に履く。お店に入ることがあるなら有ったほうがいいかも。
            適当な半パン。
チューブ・・・2本
タイヤレバー
ファーストエイドセット・・・バンドエイド各種。
ハサミ・・・ヴィクトリノックスの十得ナイフセットに付属
地図・・・本を印刷した。
携帯インフレーター・・・TOPEAKの、フレームに付けてます。
携帯工具
チェーンオイル・・・FINISH LINEの小さいやつ。
ウィンドブレーカー・・・パールイズミの畳むとおにぎりくらいになるやつ。
身分証&保険証&銀行カード
お金
腕時計・・・PROTREK。サイクルコンピュータの時間をいちいち切り替えるのが面倒なので。
       登山用だが、ランニング用もいいかも。

電池・・・ライト用。エネループ。ライトの電池寿命と夜間走行時間から本数を算出。 
     ライトの電池は単三に統一すべき。
カメラ・・・コンパクトデジカメ。バックポケットに。
携帯電話&急速充電器・・・電池切れが怖いので。
ジップロック・・・大、中。荷物は小分けして全てジップロックに入れる。一応の雨対策。
軍手・・・一応持っていったが、使わず。
ウェス・・・注油の際に使いました。
お手拭ペーパー・・・顔を拭いたり、油で黒くなった手を拭くのに。もって行ってよかったもの。
            アルコール系が入っていて油を溶かすものがよい。
ヘッドライト・・・モンベルのヘッドライト(頭につけるやつ)。夜間にパンクした際に便利かと思って。
         実際は要らなかったかな~。

前照灯・・・CATEYEのHL-EL530とFENIXのLD20をハンドルに固定。
ライト
[トップチューブのバックは脚に当たるのですぐに撤去。自分には合わないようです]

EL530は電池式自転車用ライトとしては最強クラスだが、正直言って真っ暗なところを走るには
光量不足。照射範囲は広くていいです。なにより、連続点灯時間が90時間!
電池を気にせずに付けっぱなしに出来るのが非常にGOOD。

反対に、LD20はターボモードだと2時間しか電池が持たないというじゃじゃ馬(笑)
しかし、明るさは半端ないです。真夜中でもこれ一つで十分なくらい。
ただ、照射範囲が狭いので前方全体を見れないのが走っているときに怖い。

この二つのライトの組み合わせは最強で、EL530が照らしている中央付近をLD20で照らすと、
中心がメチャ明るい上に周辺も見えるようになります。
実際には、LD20はターボより一段階落として使い、止まるたびに消すなどして電池を持たせました。
4時間くらいは持ちました。

尾灯・・・TOPEAKのをサドルバックに、infiniの二つ目宇宙人(見たこと有るならw)をヘルメットに。
     夜間はいいのですが、昼間にトンネルに入るたびに操作するのが面倒でした。
     ちゃんと消えてるのか、気になって仕方ないんですよね~w
     小さいオートライトを求む!! CATEYEさん!
車体・・・CAAD9-5 ディアドラ。 自分には過ぎたフレームです。
サングラス・・・眼鏡で。コンタクトで徹夜ランしたくなかったので。
         RUDYの眼鏡付きの奴がいいな~。高いけど。。

サドルバック・・・TOPEAKのウェッジM。チューブ、軍手、鍵、ナイフ、タイヤレバー、携帯工具
          を詰め込んだ。

こんなところですかね。
結論から言うと、今回の荷物もベストではなかったです。

重さは極力制限したのですが、やはり150kmを超えた辺りからバックパックがウザク感じて
きました。重さと、完全にはフィットしない感じが。。

ドイターのバックパックは非常に背負い心地が良いのですが、ベルト部分が伸び縮みしないので
、完全にフィットさせるとダンシングなどをしたときに窮屈に感じます。
緩めに締めると逆にグラグラするのが悩みどころ。

ただ、まぁ200kmくらいまでならあまり問題ないと思います。
ウエストベルトに携帯やカメラ、サイドメッシュに食料を入れられるので非常に使いよかったです。

やはり、長距離を走る際には極力背負う量は減らすべきです。
私は、次に長距離を行く時には大きなサドルバッグを買って、輪行袋や着替えなど、重くて
貴重品でない荷物はそちらに入れたいと思っています。何かいいのないでしょうか?

私の実感としては、長距離を背負っていけるバックパックは、10ℓ程度が限界ではないかと
思います。一日150km程度を走り続けるならもっと大きい奴でも大丈夫でしょう。
まぁ、自分の体がヒョロイだけかも知れませんがw。

さて、参考になりましたでしょうか。
こんなのもあるよ、とかありましたらコメントをお願いします~。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。