--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊吹山ヒルクライム 2013

2013年04月16日 23:13

伊吹山ヒルクライムに参加してきました。
朝方の地震に不安を感じつつ土曜日に前日入りして、チームの仲間と裏伊吹を登って軽く練習。調子は良くもなく悪くもなくという感じ。


今回は実業団E3枠だったので、翌日のレースは昼過ぎから出走。まったりとアップをして、スタート地点の前方に並ぶ。経験豊富な仲間のお陰で、いいポジションに付けました。私は実業団レース初参加なので…

気温が思った以上に高く、ボトルの水が出走前に早くもなくなりそう…
しかも、スタートでクリートをはめ損なって、後退(._.)
ロケットスタート組に食らいつこうとしましたが、喉が渇いているのに水が無いという事に動揺していて、気持ちが前に行かず。

脱水にならない事を祈りつつ、40位くらいのポジションから、マイペースで登る事にする。

シルベストの方と回して、ジワジワ順位を上げて行く。足は思いのほか回って、何時もの足攣りも起きず、淡々と登れた。どうにか脱水にはならなかったけど、給水は次回に向けた反省点。

結局25位でゴール。上位12%位には入れたので、先ずは目標達成。タイムは50m42s 多分4.6~4.7W/kg位だったと思われる。

今回は淡々と走ってるせいか、抜いたはずの人をだいぶ後ろに引っ付けて走っていたようで、少し損した気分。
90%の心拍で走ってる状態から、1分だけペースアップをするような走りも身につけたい。

このレースではチームメイトが見事に入賞した。
私もそこまで辿りつくぞ!
スポンサーサイト

箱根スーパーヒルクライム 56:44 337位/1379人

2010年09月26日 22:13

行ってきましたスーパーヒルクライム!
距離13.8km 獲得標高1000m 平均勾配7.2% の変態コース。
普段は走れないターンパイクを走れるレースで、今回が初開催です。

コースはこんな感じ(公式サイトからお借りしてますm(_ _)m)
コース図
[果てしなく続く10%]

スタート地点は箱根のターンパイク入口だったので、アップもかねて自走で流す。
うーん、やっぱり膝が万全ではないなぁ。
昨日の夜に悩み始めたクリート位置も。。う~ん。心なしか右足がつま先寄りな気が...

9:00くらいに受付に到着して、荷物を預けたらスタート地点にGO!!
待機場所はターンパイクの路上で、クラスごとに分けられていました。
辺りは高級機材だらけ(oдo) ルック、カーボンディープ、デュラetc......
足の筋肉の付き方が半端ない方々ばかりで、なんだか場違い感がしてましたw

でも、オイラはコイツが大好きだ!頼むぜ!
CAAD太レース仕様!
[レース仕様! といっても、いろいろ外しただけですがw]

スタート地点は料金所。いきなりこの坂でっせ~。
スタートからいきなりw
[この勾配が基準ですw]

スタートまでの2時間くらいは暇でしかたなかったので、twitter上で知り合った方々と話したり、
呟いてみたりと。。すっかり心拍も下がって筋肉も固まってしまいましたw

スタートが近づくとクラスごとに並んでウジャウジャと。
一度に20人くらいずつスタートする方式で、スタート時の混乱がなくて助かりました。
うじゃー
[ドキドキ]

さて、スタート! ばぁぁん!!
クリートも無事はまって、何となくダンシングで前へ。
あれ、先頭になってしまった(oдo)

あわあわしている内に、速い人たちにガンガン抜かされていきます。
まだ500mくらいしか走ってないのに苦しいw 足が張ってるw

どうにかペースを掴んでヘロヘロ登坂。
2kmくらいまでが一番辛くて、3kmくらいから落ち着いてきた感じですかね。

とにかく、腸腰筋とハムストリングを使って足を巻き上げる事に集中して走る。
段々とペースが揃った人達が集まって、抜きつ抜かれつのバトルが地味に勃発!
特定の何人かをライバル視して走ってました。

ダンシング多用の人やトルク型の人など色々いましたが、自分は10%の所ではシッティングで65rpmくらい。
もうちょっと回せると次のステージに行けるんかなぁ。

ペースを取り戻して淡々と走っていると、先攻していた人が結構落ちてくる。
スタート前に目にしていた、明らかに自分より速そうな足をしている人もポロポロ落ちてきたのは意外でした。
高級機材満載の自転車を抜くってのは気分良いですよぉwww うひひ

走り続けて7km地点。この辺りで体に変化が起きてきた。
全然苦しくない。
呼吸は多少荒くなってるけど、心拍が高くなってきた時に感じるあの苦しさが全然ない。

なんじゃこりゃ?
こ、これはまさかランナーズハイならぬクライマーズハイΣ(゚д゚)?

とにかく楽になったので、ペースを上げて落ちてくる選手を抜いて薄ら笑いを浮かべながら登る!
そこからはあっという間。
とにかく、コイツを抜く、次はコイツねということばかり考えて走ってたらいつの間にか9km
この辺りで当初ライバル視していた人は全員チギったと思われます。
ラスト2kmくらいは勾配が緩いっぽいので、そこで突っ走れるようにスパートはかけない。

↑これが作戦ミスだった(–_– ; )
緩斜面だと思っていたのは、実は急な下りと登りが2~3回あるコースで足の残り具合とか関係ねぇじゃん(涙)
正直かなり余裕があったので、思いっきり下って惰性で登ってアウターダンシングで行けるところまで!
最後のゴールは下ハン持ってスプリントw
スプリントシーン

ゴール!!
達成感と共に、絶対もっと追い込めたという後悔の念が(>_<)
車ででもちゃんと下見はした方がいいですね~。来年こそは!!
タイムは56:44 適当に集計したところ、ロード男子の出場1379人中337位のようです。

うーん。どうにか上位25%。あと2分速いと大分違うんですけどねぇ。
ちゃんと追い込めたら1:00くらいは短縮できたかも?(←初回なんでほとんどの人がそうなんでしょうがw)
でもまぁ、諸々含めた今のコンディションでの実力がそのまま反映された結果ですね。

あと、個人的に目標にしていた人とほぼ同じタイムだったようで、それが嬉しかった!
富士山の時とか、果てしなく置いてかれたからなぁw
3ヶ月頑張った成長を実感できました( ^ ^)/□ヤッタ!

全力で坂に挑んだ後の清々しさは半端じゃないですね! 日常では中々味わえない!
ヒルクライムには継続的に出たいぞ♪(v^_^) v

ゴール後は辺りをぶらぶら。
初号機カラーでディスクホイールなイカしたバイクを発見。
走ってる時も目立ってたんだぁ。荷物も背負っておれより2分くらい速いという。。
初号機ディスク!
[ふざけているようで、全力で走る姿が良かったw]

ゴール地点は自転車見本市。
ライトウェイト、コリマ、ボーラ。。。ぱねぇっす。
自転車見本市
[コンポ変えて、決戦ホイールにしたらあと1kgくらいは。。]

Twitter自転車仲間の人たちと談笑しつつ、写真を撮ってもらったり。パチリ
いぇい!
[鞄を下ろして、ウインドブレーカーを脱ぐべきでしたねw]


神奈川グランフォンドでお世話になったMさんと再会するというびっくりイベントも発生♪(v^_^) v
keiさんにもお会いしました。って、女子の部優勝してねぇか??? シュゲーー((((;゚Д゚)))))))

下りはバイクの先導のもとゆっくりと。
疲れるし、リムが熱くなるけど安全の為にはこれがベストかな~。
リム冷まし休憩も入ってたし。

帰りは雨から逃げつつ40km/hトレインに付かず離れず走り(←ドラフティングはしない)。
お腹がすいてからは30km/hで適当に~。帰宅っと。

しかし、今回のヒルクライムは楽しかったなぁ。
周りに人が一杯いるってのは凄いモチベーション! 
ヤビツTTとかも、誰かと競ってやった方が楽しそうだ。


ある程度の自信にも繋がったし、次回もぜひ出場したいですね。
多分、車に積んで実家に泊まる感じかなぁ。
神奈川の自転車乗りに再会できる貴重なチャンスになるかもしれません。

最後に、ターンパイクを運営してくださった方々に感謝!!
これはかなり良い大会になると思いますよ。立地も良いし。
そのうちアンケートのメールとか回ってくるのかしら?
ではでは。次は50分切りを狙います!!

94.2km



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。